当ブログへお越しいただきありがとうございます。真実を知る覚悟はできていますか?

塩化ナトリウムと塩の違い【実は全く別のもの】

 

塩化ナトリウムと塩の違い【実は全く別のもの】

塩化ナトリウムと塩の違い【実は全く別のもの】

"塩と塩化ナトリウムは別物です"

例えこんな事を言われても、

「塩と塩化ナトリウムって同じだよね?」

「別物とか言ってるけど、違うわけないじゃん」

という風に普通は思いますよね?

私もそう思っていましたし、疑いもしませんでした。

だって学校で『Nacl=塩』だと習ったんですから。

ですが残念なことに両者が同じという考えは間違っていました。

塩と塩化ナトリウムは全くの別物です。

簡単に言えば、このような感じになります。

  1. 塩化ナトリウム + ミネラル → 天然の塩
  2. 塩化ナトリウム = 塩化ナトリウム99.9% & ミネラル除去 → 人間が作った化学物質

本記事では塩と塩化ナトリウムの違いについて以下のテーマで詳しく解説していきます。

塩とは?

塩とは?

塩には人間の必須栄養素であるミネラルやマグネシウムが豊富に含まれています。

このような塩は「天然塩」と呼ばれ、海水を汲み上げ天日干しをする方法や海水を煮詰めて作る方法があります。

天然塩は塩化ナトリウムの純度が約80%、残りはマグネシウムやカリウム、カルシウムなどの豊富なミネラル成分で構成されています。

そのため骨や歯を丈夫にしたり、基礎代謝を上げたりなどの健康効果が見込めます。

そのほか、天然塩には血糖値のバランスを整えたり、血圧を調整したりなど、不整脈を安定させる効果があることもわかっています。

塩化ナトリウムとは?

塩化ナトリウムとは?

塩化ナトリウムは俗に「食塩」と言われるものです。

または「精製塩」とも言われ、海水を「イオン交換膜製塩法」という方法で電気の力を利用して海水を濃縮し、それを蒸発させて結晶化することで作られています。

さらに、食塩は精製のときにミネラル成分はほぼ全て取り除かれるので、成分は99.9%以上が塩化ナトリウムになっています。

天然成分が取り除かれたことによって塩ではなく、塩化ナトリウムという人工的に作られた化学物質となるわけです。

一般的に多くの家庭や飲食店で使われているのが、この塩化ナトリウム(食塩)」です。

塩と高血圧の関係性

塩と高血圧の関係性

塩分をとりすぎると高血圧になるとよく言われますが、これは間違っています。

正しくは「塩化ナトリウムをとりすぎると高血圧になる」です。

塩分が原因で高血圧になる場合、血中の塩化ナトリウム濃度が上がることで体が水分を欲し、血液が増え、血圧が上がるのですが、この状態を引き起こしやすいのは、天然塩ではなく食塩(塩化ナトリウム)をとりすぎた場合です。

なんといっても、成分の99.9%が塩化ナトリウムなんですから。

天然塩の場合は塩化ナトリウムの割合が下がるだけでなく、ほかに含まれるミネラルがうまくバランスをとってくれるのです。

天然塩に含まれるミネラルは健康維持に欠かせないものがたくさんあるので、逆に控えすぎはよくありません。

高血圧を気にする場合は食塩(塩化ナトリウム)を控えて、天然塩をとるようにしましょう

「本物の塩」

「本物の塩」
海水のミネラル成分と人体のミネラル成分はよく似ています。

人間やすべての生物は、もともと海から誕生し、進化の過程でさまざまな金属元素を体内のシステムに取り込んできました。

そのため、ミネラルは生命の要と言ってもよく、生きてゆくうえで必要不可欠なものなのです。

しかし、イオン交換膜製塩法で作られた「食塩」は、成分の99%以上が塩化ナトリウムであり、人間の体が必要とする他のミネラルが残らずそぎ落とされてしまった欠陥食品」となっています。

欠陥食品である食塩は1963年頃から日本で販売されるようになり、その約20年後…

各種ガン、認知症、高血圧症、脳梗塞、心筋梗塞、成人病、アトピー、花粉症などが軒並み上昇率世界一になりました。

これは生命に必要なものをとらなくなったが故のバクです。

我々は今こそ「塩」の大切さを認識しなければなりません。

天然塩こそが本物の塩です。

今こそ本物の塩を選ぶ時です。

最後にオススメの天然塩を紹介します。

お塩の購入に迷われた際はこちらを購入してみてはいかがでしょうか。

参考程度にどうぞ。

※品切れの場合は商品画像が表示されなかったり、リンク先に跳べない場合があります。ご了承ください。

『海の精』

製品紹介
美しい自然に囲まれた太平洋に浮かぶ伊豆大島の国立公園内で、黒潮が運ぶ清らかな海水だけを原料に生産し、他の塩や苦塩(ニガリ)、固結防止のための添加物などは一切加えていない国産の伝統海塩です。様々な塩類をバランスよく含んでいるため、ただ塩辛いだけでなく、ほのかな甘さや旨さやコクがあり、お料理に使うと、まろやかな美味を醸し出します。

原材料・成分
伊豆大島 自然海塩 100%

製法
海水だけを原料に、太陽熱や風力などの自然エネルギーを利用した塩田と平釜を用いた、日本の伝統製法。

ツイッターでも情報発信しているよ!

食品添加物の最新記事8件